flap latch main title
Telecaster装着例

“Flap Latch”は革素材のシンプルなストラップロックです。

ロック機構はストラップのエンド部分に装着されていて、ギターについている通常のストラップピンをそのまま使用出来るように設計されています。 一般的なストラップエンドと同じ革素材なので、武骨な金属製のものより軽量で片側分の重量は約3g、金属パーツのガタ付きや擦れによる雑音も出しません。 激しいアクションを伴うパフォーマンスをされる方には少し物足りないかもしれませんが、軽量でシンプルな機構で、必要にして十分効果的なストラップロックです。 使い方は取扱説明書をご覧下さい。

ES335系モデルへの装着例

ヒール裏にピンのついたギターにも使用出来ます。

“Flap Latch”はレスポールやストラトキャスター、テレキャスータイプのようにショルダー部にストラップピンが付いているギターだけでなく、ES335やSGタイプのようにヒール裏にストラップピンが付いているギターにも使用出来ます。 革ひもを解いて抜き取ると“フラップ”が外れますので、これをストラップエンドの裏側に付け直します。フラップがブラブラしないように革ひもで留めなおして下さい。

レスポール系モデルへの装着例

ストラップエンドをすっきりと

"FlapLatch"は普通のストラップエンドと同じ革素材でできています。なので、金属やプラスチック、ゴム素材でつくられている製品と比べると、ストラップロックが付いている事をあまり意識させません。

写真を御覧頂くと"フラップ"が革ひもで留められている所と、ストラップピンの間で少し浮き上がっているのが分ると思います。"フラップ"がストラップエンドより少し長めになるように造られているのでこうなるのですが、それによって"フラップ"がピンの傘の下に入り込みストラップが引き抜かれる方向に引っ張られた時にカンヌキ="Latch"のように引っ掛かる事でストラップロックの機能を実現しています。

ストラップピンの高さ比較

有名メーカーのストラップロックピン。造りもしっかりしていて、一度セットアップしてしまえば着脱もワンタッチ。便利な製品ではありますが、ちょっと重厚過ぎると思いませんか。ストラップのかかる位置がギターのボディから離れてしまうのも気になります。ボディがストラップピンから受けるストレスは、ストラップのかかる位置がボディから離れるほど大きくなります。
"Flap Latch"は通常のストラップピンがそのまま使える為、ボディ表面から約3mmの近い位置でギターの重量を支えます。

ご購入方法

Amazonにて「Plateno」のブランド名でオリジナルデザインのストラップを販売いたしております。
プリント工房ODDIEにてオリジナルオーダープリントを承っております。
オーダープリントのご発注、製品に関するご質問等は、お問い合せフォームよりご連絡下さい。


produced by Oddie

右のイラストは、実用新案登録申請の書類に使用したものです。こんなの描いてあってもちゃんと登録出来ました。

[English]